スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

車中泊、寒さ対策!フェルトで断熱しちゃいましょう。

冬の車中泊はとにかく寒いです。

それなら、フェルトで断熱しちゃいましょう!!




車の防音・断熱・吸音などにも使われる ニードルフェルト

内装をはがしてみると、高級車にはこれがギッチリ敷いてあったりします。

 ニードルフェルト
はDIYで断熱するには使いやすいです。
また、安価で手に入るのも嬉しいところ

※多少高価にはなりますが、ニードフェルトより効果の高い 
ハイクッション という防音・吸音のクッション材もあります。



これを、断熱・吸音したい場所に敷きます。
糸くずの寄せ集め?のようなものでできているのでハサミやカッターで簡単に好きな形に切ることができます。



私は、車のフロア部分一面に敷き詰めていました。
ただ、一面に敷き詰めるには多少の根気が必要です

シートをはずして、、プラスチックの内装パーツをはずして、、、フロアマットをはがして、、
単純作業ですが、時間がかかります。

で、外したらフロアの形に切り取って敷いて、また外したパーツを元に戻す。



 ニードルフェルト
を敷きつめて、どれだけの効果があるのか!?


実際、どのくらいとは はっきり言えません。
断熱効果であれば、車内の室温を施工後と前で測ればわかりますが、測ったことはありません。

また、防音・吸音に関しても音を何デシベルと測ればわかりますが、測ったことはありません。


しかし・・・。


確実に静かになっている気はしました・・・



特に、防音処理をしっかりしていない車では効果が期待できると思います。

商用車(軽バン等)を車中泊車ベースに使っている方。

一面に敷き詰めるのが面倒であれば、エンジンが荷室の下にある場合などはエンジンの上のフロアに敷くだけでも
大きく効果が感じられると思いますよ




断熱・防音はやりだすとキリがなくなりますw
特にゴールというものはないので、自分が納得いくまでいくらでもすることができるからです。

私の場合は、、、
フロア一面と内装パーツの内側(ドアの内張りの中、ダッシュボードの内側等)天井のパネル?の内側等、
思いつくところには全て ニードルフェルト
を敷いたり貼り付けてました。


ニードフェルトを敷くことで、

● 雨音が静かになった気がしました。

● ロードノイズが静かになった気がしました。

● ドアを閉める時の音が重厚?になった気がしました。

● 車内に外気温が入りにくくなった気がしました。


すべて、しっかり数字として計測していないので、『気がしました。』 です。



とにかく、、、

やらないよりはやった方が少なからず良くなっているはず。

もし、施工されるのであればそう信じて根気よくやってみましょう



車が大好きで、現状よりも少しでも良くなれば努力は惜しまない!って、

方じゃないとDIYではキツイかもしれません、。


目に見えて変化するものではないので、一生懸命やった割には・・・、と がっかり するかもです。



私はこの 断熱・防音するのが大好きでしたw



断熱・防音・吸音 については、まだまだあるので また後日記事UPしますね!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。