スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

夏の車中泊は地獄です!!

夏の車中泊は地獄です!!


と、そのまえに、、、



大変お久しぶりです。。(*^_^*)汗

かなり、更新をさぼってしまいました。


また、定期的に更新していこうと思ってますので、よろしくお願いします。




夏の車中泊はとにかく暑い!!!

寝ている間、エアコンを付けておけばいいのですが、、、

エンジンかけっぱなしでは、周りに迷惑、、

環境にも悪い、、

ガソリンが減る減る・・・。




というわけで、夏の車中泊を快適にするためにはどーすればぃぃか!?!?!

窓を開けて防虫ネットを張る。



こんな商品もあります。


しかし、、、窓を開けたところで外が暑ければ意味がない・・・。

大きな道の駅で、自分の近くにトラックがきてエンジンかけっぱなしなんてされたら、

煩いし、熱風来るしで もう まさに地獄!!!




自分が今まで車中泊した中で一番良かったのは、

標高の高い山で寝る


です。



もう、全然気温が違います、、寒いくらいです。 


そして、静か。。。。

そして、真っ暗闇・・・。




ちょっと怖いし、トイレの心配がありますが・・・。


それさえクリアできれば快適です。




防犯面も多少心配ですが、、、 この辺の対策は今後考えてみます!


そして、ブログにてUPしてみますね、(*^^)v






では、またっ★
スポンサーサイト
スポンサーサイト

冬・車中泊 シェラフ 寝袋の選び方★

以前にも書きましたが・・・。

冬の車中泊はとても寒いです

ここは、外でしたっけ・・・? というくらい寒いです、

野宿と比べ何がいいかといえば風を防げることくらい

しっかり対策をしないと 寒くて寝ることはできません






で、用意したいのが 寝袋・シェラフです

しかし 寝袋・シェラフを選ぶ時は慎重に



時期によって選びましょう

とりあえず、高機能な値段の高い しっかりした最低使用温度の高い物を選びすぎると・・・・。

夏、キツイっす 暑すぎる!!

まぁ、夏なんか布団とか無しでそのままでも寝れますけどね



ロゴス 外気温の変化に対応するセパレートシェラフ

こんな感じの開いて布団のように使えるタイプが良いと思います。

上下でバラバラにして使えるので暑いときは足を出してみたり、調節できます。


-2℃までを想定しているようなので、真冬以外はこれでいけるはず。





真冬はどーする!?


隙間があればそれだけ寒くなってしまうのでできるだけ隙間のないタイプ




モンベル スーパー スパイラルダウンハガー 
なにがぃぃって伸縮性のあるところですね!!

やっすい寝袋って伸縮性がなくて、、結構ゆとりのある筒型でも寝返りとかするとすっごい窮屈で、、
とても苦痛です・・・。 ストレスがたまります。

隙間を無くして暖かさを求め、さらに寝返りしても窮屈でなぃ!! いいですね!

使用可能限界温度 -10℃  ですので、 真冬でも行けるはず。


それでも寒いよ・・・。 ってぃう寒がりの方は 湯たんぽ や カイロ を 使いましょう(*^^)v




ってことで、、、  

シェラフ・寝袋は その場、その時 で 使い分けましょう


また、いつか 湯たんぽ・カイロ についても書いていきますね
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。